1. 浦和 訪問マッサージ YORON治療院 HOME
  2. 院長プロフィール

院長プロフィール

こんにちはYORON治療院の菊です。ここでは僕の自己紹介をさせていただきます。
院長 菊庸介
出身地 1978年鹿児島県与論島に生まれる
血液型 B型
資格 鍼灸師・整体師
信条 「なんとかなるさ」
趣味 新極真空手初段、素もぐり漁、鮮魚コーナー巡り、観葉植物、映画、七輪焼き、お酒(与論献捧)、サトウキビ作り
原点

僕がこの仕事を始めた原点は、祖母の肩たたきです。僕は子供の頃に祖母に肩たたきをして、1回10円のお駄賃をもらっていました。

でもそれ以上に「気持ちよかったよ!」と大好きな祖母に笑顔で喜んでもらえたのが何よりも嬉しかったのを覚えています。それが原点となりこのような仕事をしたいと思うようになりました。
YORON治療院のモットーは患者さん一人ひとりに対し、家族と同じように心ある治療をすることです。

院長物語

出生
1978年鹿児島県の与論島にて菊家の4人兄弟の長男として生まれる。
幼少時代

毎日、自宅の前の海に行って遊んでいました。
少しずつ泳げる距離が長くなり深いところに行くほど生き物が多様になるのがすごく楽しかったのを覚えています。僕を子守してくれたオバちゃんはとても心配だったみたいです。

またあるときは、悪さをして父親に怒られそうになったときに走って逃げ、そのまま窓ガラスをつきやぶり外に出たこともありました。
ケガは一つもありませんでした。(笑)
幼少期はとにかくやんちゃだったようです。

少年時代
小学時代、友達の多くはサッカーや野球をやるなかで自分はサスケのようなアスレチックの遊びや砂場で落とし穴を掘って友達をびっくりさせるのが得意でした。この小学校時代の夢は漫画『孔雀王』にハマリ、将来は陰陽師になりたいと本気で思っていました。
中学時代
とにかく体を鍛えて強くなりたいという気持ちが強くなり、空手と並行して柔道部に入りました。勉強やトレーニングに対する自主性が出てきたのもこの頃です。そして、人生初の告白もしましたが、玉砕に終わりました。トホホ・・・ 今では良い思い出です。
高校時代

鹿児島県立与論高等学校に入学。この頃は極真空手に憧れ、仲間と試合のビデオを観たり、一緒にトレーニング施設に行きベンチプレスの重さを競ったりしていました。
学校の昼休み時間には、音楽室に行ってなぜかピアノ「エリーゼのために」を練習しました。

またこの頃から将来のことを真剣に考えるようになり、手に職をつけようと決めました。

専門学校時代
上京と同時に東京の早稲田医療専門学校(東洋医療針灸学科)に入学。3年間、そば屋や居酒屋でアルバイトをしながら東洋医学と西洋医学をバランスよく学ばせていただきました。そして念願の国家試験にも無事に合格しました。もともと人体の不思議にとても興味があったので勉強はすごく楽しかったです。今でも勉強会やセミナーにはお金を払って行っています。
開業まで
学校を卒業し、その後は針灸接骨院、整形外科病院、整体院、マッサージ院で合計十年以上の臨床経験を積み、2009年7月に嫁の実家のある浦和にて「YORON治療院」を開院しました。
現在、地域に貢献できる治療院として毎日が充実しています。

趣味・特技

新極真空手初段

私と空手との出会いは、小学校2年生のときに父に町の空手道場に連れて行かれたのが始まりでした。その後いろいろ習い事をしましたが、空手だけはずーっと続けていました。それから上京し、空手の名門である新極真会東京城南川崎支部に入りました。

世界チャンピオン、全日本チャンピオンなど強い先輩方が沢山いて、スパーリングでは何度も顔を蹴られ怖かったのを覚えています。
その後は、指導員を任せていただくようになり、地区大会では優勝でき、全日本大会にも出場させていただきました。
今でも稽古は続けております。
空手をやっている人たちは本当にいい人が多いです。“活殺一体”空手の急所を治療のツボに活かしていきます。  押忍!

鮮魚コーナー巡り

僕はスーパーに行くと、まず鮮魚コーナーに向かいます。
特に貝類が大好きで、そこで目利きをして、新鮮なものがあればサザエやホタテなど、丸ごと買って自分でさばいて酒の肴にします。
最近はアジのお造りに挑戦中です。

昔の職場で「退職祝いで何が欲しい?」と聞かれ、僕は迷わず「出刃包丁!」
と言いました。今も大切に使っています。
魚を捌く、まさに男の趣味ではないでしょうか。

映画
映画は大好きで、時間があれば観ています。特に好きなのは『ジョーズ』、『バタリアン』、『プレデター』などの怖い系、パニック系が好きです。あと、映画ではないですが、最近はまっているのは、夜中にYouTubeで『まんが日本昔ばなし』を観ることです。たまに感動する話なんかがあり、涙しちゃいます。昔話サイコー!自分の子どもには絶対に見せたいです。
観葉植物
最近、年をとったのか花や植物がとても好きになりました。(子どもの頃は食虫植物が好きでした。笑)
部屋やベランダにおいておくと、とても雰囲気が良くなります。与論島のガジュマルやハイビスカスも育てています。花や植物を観ていると、人間も自然の一部であり、生きているのではなく、生かされているんだなぁ〜と思う今日このごろです。
お酒(与論献捧)
お酒は大好きです。ビール、焼酎、ワイン、なんでも飲みます。1人で晩酌しますが、みんなと飲むお酒は楽しくて、つい飲みすぎちゃいます。酔うとよくしゃべるようになります。(酒グセは悪くないと思うのでご安心を 笑)
私の故郷、与論島には「与論献捧」と呼ばれる楽しいお酒の儀式があり、僕はその伝道師の一人なのです。もし機会があれば、ぜひ披露したいと思います。

おまけ

僕の奥さんです。昔、恋のから騒ぎに出演していました!

おまけ
おまけ

PS:
院長(オーナー)は鍼灸師の国家資格者ですが当院には鍼灸マッサージ師の国家資格を持ったベテランスタッフが在籍しております。

在宅介護・在宅リハビリを応援します
  • 訪問マッサージ・訪問はり灸の
    YORON治療院
    〒336−0936
    埼玉県さいたま市緑区太田窪
    1−21−7 タリーハイム太田窪103号
  • お試し無料体験あります!お気軽にお問い合わせください
  • 電話でのお問い合わせ 048-699-5084
  • メールでのお問い合わせ
  • 治療中は電話に出られない場合がありますので、留守番にメッセージをお残しください。(お名前、お電話番号、ご用件)後ほど当院からご連絡致します。